×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

メイク 方法

メイク方法をどんな目をしてるかで決めよう

メイク方法ってどんな目をしてるかでやり方を変えた方が良いんです。
一重や二重やたれ目や細目や猫目などあるので、それに合わせてやり方を変えるのがベストだと思います。
例えば、一重の方ですと目元が膨らんでいるように見えやすいですから、シャドーをアイラインでぼかしたり、アイテープを使ったりするメイク方法が効果的です。
アイテープをするのはお化粧してお出かけしてる時ではなく自宅でスッピンになってる時です。
まぶたが強烈に刺激されるので、そのまま目が二重になっちゃう人もちらほらいるようですから、二重になりたい人にはお勧めと言えるでしょう。
また、目のメイクのやり方に自身が無いようなら、藤原美智子さんやおねえまんずで流行の先駆けとなっているikkoさんなどのメイクアップアーティストのテクニックを真似るのも1つの手です。
おねえまんずではよくikkoさんがメイクのテクニックを披露してくれるので参考になります。



●アイメイクを落とす方法

アイメイクを普段しないやり慣れてない人はアイメイクを落とす時、目に入る人がいると思います。
アイメイクを落とす基本的な方法はしっかり目をつぶることです。
問題はアイラインを隠さないようにすることです。
といっても、アイラインが綺麗に落ちるか、落ちないかはそのアイメイクの製品に依存しているところがなきにしもあらずです。
アイメイク製品は色々ありますが、質が良いアイメイクは目をこする必要は無いので、アイメイクを綺麗に落とすことが簡単になります。
アイメイクを落とすには、目をゴシゴシしなきゃアイメイクが落とせないからゴシゴシせざる得ないんですが、その為目に染みて痛いということになるんです。
ゴシゴシしなくても目からアイメイクを落とせる製品ならそんな目の苦痛を感じる必要も無いです。


●目の下のクマを隠そう

メイクの方法によっては徹夜明けについてしまう目の下のクマを見えにくくすることができます。
テストや受験勉強の為の徹夜やどうしても終わらせなければならない仕事が終わらずに徹夜や寝不足などで目の下にクマができやすくなります。
目の下にクマができると目つきが悪く見え、他の人から「この人、疲れているな」と心配されやすくなります。
目の下のクマを目立たなくさせるメイク方法はリハビリメイクのパイオニア的存在で医学博士でフェイシャルセラピストのかづきれいこさんが実演していました。
目の下のクマはリンパか血液の流れが悪いからできるものと言ってましたから、血液の流れを良くしたら解決です。
目じりから耳の近くのこめかみに近いあたりつぼを押さえるとかおしゃってました。